「イトウ」という魚を知っていますか?

日本最大の淡水魚と言われていて

体長は1mから大きいもので1.5mにもなる

サケ科の魚ですね。

北海道の特定の場所にしか生息して

いなく特に1.5mを超える個体は

幻の魚とつり愛好家から呼ばれています。

今回紹介するのは、「イトウ」を愛して止まない

釣りバカならぬ釣り士の

本波幸一(ほんなみ こういち)さんです。

12/18日放送の【情熱大陸」】に出演する訳

ですが、本波幸一さん自身も「イトウ」と

並ぶ位トラウト釣り界のレジェンドと言われています。

釣り名人として数々の偉業を作った

本波幸一さんの年収や結婚や売り切れ必須となる

オーダーメイドの釣り具についてなどなど

色々と調べてみました^^

では、最後まで一緒にお付き合いください!

本波幸一さんの気になる5つの事

  1. 本波幸一さんのwiki風プロフィール
  2. 本波幸一さんのエピソードがスゴイ!
  3. 本波幸一さんの自作釣具商品もスゴイ!
  4. 本波幸一さんの年収は?
  5. 本波幸一さん、結婚してる?妻は?
スポンサードリンク

本波幸一さんのwiki風プロフィール

%e6%9c%ac%e6%b3%a2%e5%b9%b8%e4%b8%80

出典:http://www.tv-osaka.co.jp/

名前:本波幸一(ほんなみ こういち)
年齢:57歳
職業:釣り士
出身地:岩手県

本波幸一さんは釣り歴40年以上の

大ベテランですね。

お父さんが漁師だったことから

自然と釣りに親しむ様になったとの事。

社会人になってからも時間の許す限り

川に出かけて釣りに明け暮れたと言います。

就職先が国鉄(現JR)を選んだのも

時間に融通が付きやすい事だったそう

なので、釣りへの執念は相当なものですよね~

私も小さいころ釣吉三平のアニメに感化された

ひとりで、住んでいた場所が田舎だったこともあり

近所の川に出かけては釣り糸を垂らして

釣った魚の大きさを友達同士と競ったものです。

といってもせいぜい20センチ位のフナでしたが・・

本波幸一さんは大人になってもガチでやっていると

いうのが本当にすごいと思いますね。

そんな、本波幸一さんのすごいエピソードが

気になりますよね!

本波幸一さんのエピソードがすごい!

本波幸一さんは、ある釣り番組の

インタビューで、サクラマスの釣った数を

聞かれた時に、

「数は関係ない・・」

と一言のみ答えて、黙々と獲物を狙う。

ストイックに自分の求める魚を釣る事だけに

集中していましたね。

ポイントを決めて

一度川に入ったら、まるでそこにある杭の様に

不動の状態になっていると

本波幸一さんの姿をみた釣り人達は皆その

様に言っています。

シーズン中の本波幸一さんの一日は

  • 2時に車で起床
  • 3時から川岸に立つ
  • 夕方までずっと竿を振り続ける
  • 16時頃に切り上げる
  • 近所の銭湯、温泉に入って少しリフレッシュ
  • 夕食
  • 記録の整理
  • 翌日の準備
  • 21時頃に車のベッドで就寝

・・すごくシンプルですね^^;

雨の日、風の日関係なく毎日淡々と続けるそうです。

シンプル過ぎる故に誰も真似が出来ない訳ですね・・

いつ来るとも分からない状況で納得できるまで

ずっと同じ場所で同じ事を繰り返すなんて

常人には出来ないですよね・・

ただ、本波幸一さん本人は

「やりたいからやる」

それだけの事だと思いますね。

さすが、トラウト釣り界のレジェンドは違いますね!

本波幸一さんの釣具や年収と結婚については次のページへ