4/22放送の【たけしのニッポンのミカタ!】

では、「これで見納め!?私の代で終わりです」

のタイトルで、長年人知れず活躍してきた人やモノ

について密着取材する内容で紹介されます

この記事では、「長崎の離島で島唯一の食事処を切り盛りする77歳女性」

として紹介される、長崎県の離島の池島

ひとつしかない食堂「かあちゃんの店」や女将さんや

池島について気になったので調べてみました^^

今回も私と一緒に一瞬で納得しましょう!

tumblr_lwjlhlDmn81r6ljnyo4_250

出典元:http://tabelog.com/

この記事で分かる5つの事

  1. 池島ってどんな所?(記事1ページ)
  2. 池島唯一の食堂「かあちゃんの店」とは?(記事1ページ)
  3. かあちゃんの店の看板メニュー(記事1ページ)
  4. 池島へはどうやっていくの?(記事2ページ)
  5. 密着母ちゃんの店!(記事2ページ)
スポンサードリンク

池島ってどんな所?

池島は長崎県長崎市から直線距離で約30kmの

北西にある周囲4kmの小さな離島です。

2001年11月末で閉山するまで、炭鉱開発から49年間、

池島の石炭はカロリーが高く高品位な石炭として

日本のエネルギー産業を支えてきたと言われています。

閉山後は人口の減少が続き、最盛期には8000名程いた人口は

2015年には100名程になっているそうです。

約8割が高齢者だと言われています。

閉山後は、炭鉱設備や炭鉱アパートが綺麗な状態で

残っている事から、観光資源として活用してしています。

中でも、トロッコに乗って本物の炭坑内を

見学できる国内で唯一の場所なので

観光ツアーとしても人気があるそうですよ^^

トロッコと言えば、映画「インディージョーンズ」を

すぐに思い浮かぶ私ですが、炭鉱跡と洞窟が

似たようなシチュエーションなのでスゴク興味が惹かれます!

機会があれば是非訪れてみたいですね~

池島唯一の食堂「かあちゃんの店」とは?

かあちゃんの店は、池島のショッピングセンターとも言える

長崎市設池島総合食料品小売センター(小売センター)

の中にあります。

田舎のなんでも揃うコンビニという感じでしょうか。

昔は、この小売センターに多くの行商さんが商品を

売りに来ていて、随分繁盛していたそうですが、

人口減少と高齢化や店を引き継ぐ若い人もいない事から、

現在は3店舗のみとなっています。

かあちゃんの店を1人で切り盛りしているのは、

今年で77歳になる脇山鈴子さん。

ボリューム満点で、値段も手ごろ。

味も抜群に美味しい事から閉山前に繁盛していたのは

もちろんの事、今でも北海道からわざわざ訪ねてくる

リピーターもいるそうですね~

脇山鈴子さんの人懐っこい応対も、店の評判になっている

みたいですね^^

「かあちゃんの店」

  • 営業時間:8:00~18:00※
  • 定休日:日曜不定休(月1~2回)
  • 住所:長崎県長崎市池島町1597
  • TEL:0959-26-1123

※17時になってもお客さんが来ない時は
店を閉めてしまう事もあるので、要連絡。

かあちゃんの店の看板メニュー

「かあちゃんの店」のメニューは結構豊富で

本当にこれを一人でやってるの?

と思ってしまいます。

「カレー」、「トルコライス」、「焼きそば」、

「親子丼」、「ちゃんぽん」等など

その中でもおすすめは

「ちゃんぽん」です!

看板メニュー「ちゃんぽん」

tumblr_lwjlhlDmn81r6ljnyo4_250

出典元:http://tabelog.com/

値段は750円です^^

キャベツ、ニンジン、玉葱、きくらげ、

小海老にかまぼこ等と具だくさん。

スープは豚骨ベースで濃厚なクリーミーな

味付けになっているそうです。

長崎ちゃんぽんのスープは鶏がらベースと

豚骨ベースがありますが、「かあちゃんの店」

後者みたいですね^^

私も豚骨風のスープの方が好きですね~

麺はちゃんぽんの王道、丸太ストレート。

この太さがスープと合うんですよね!

さすが、長崎ちゃんぽんは本場なだけあり、

かあちゃんの店も本場長崎中華街の店に

負けない位絶品の様です^^

私も食べてみたいですね~

池島のアクセスについては次のページへ