稲垣えみ子さん、朝日新聞の退社理由は?

稲垣えみ子さんは、2016年の1月に朝日新聞を退社されています。

久米宏さんからも、古館伊次郎さんからも退社理由について

驚きをもって聞かれていましたね。

稲垣さんは久米さんとの対談でこの様に言われていました。

 

「もともと40歳になった時に、人生の折り返し点に来たと

意識する様になりました。

自分の残りの人生がどれ位かが

漠然と分かる様になってきて、ふと感じたのは

いつまでも上を目指したり、お金を稼ぎたい、物も欲しい

という価値観から少し離れないといけないのでは?

と思うようになり、50歳になったら会社生活に区切りをつけたい

考える様になりました」

(久米宏さんとのラジオ対談より)

とは言っても、

「辞めるなってもったいない」

「あと10年働けば退職なんだし、
退職金だってガッポリ貰える」

といった、周囲も声もあったでしょうし、

将来への漠然とした不安もあるでしょうし、

仕事自体も嫌いでは無かったでしょうから、

辞めると決めても、人間ですから悶々とした

気持ちは当然あったと思います。

そこで、背中を押してくれたのはご両親から

「自分の好きな様に生きなさい」

と言われたそうです。

そして、街を歩いていた時に通行人からアフロを見て、

「ええなあ、若い人は自由で」

と言われ、フリーになる事を決意されたそうです。

同じ立場だったら、私にその決断が出来るのか?

絶対守りに入ってるから無理だろうなって思いましたね^^;

稲垣えみ子さん、年収や給料はいくら稼いでいたの?

マスコミ自体高給取りのイメージがありますよね。

稲垣えみ子さんはいくら位の給料だったのでしょうか。

年収ラボの朝日新聞社の平均年収のデータによると、

  • <朝日新聞社 従業員データ>
  • 平均年齢: 43.8歳
  • 平均勤続年数: 19.7年
  • 従業員数: 4156人

平均年収:1236万円

(H27.3.31当時)

普通に、平社員でも年収1000万円を軽く超えてるのですね~^^;

朝日新聞は他社と比べても一番給料が高いらしいですね。

そして、稲垣えみ子さん編集委員という重職だったワケですから

これの倍以上は稼いでいるのはないでしょうか!?

なるほど!

一般的に30を過ぎれば、年収が1000万円を超えるそうですから

稲垣えみ子さんは約30年近く勤務されてきた訳で、

ざっくりみても3億円以上は稼いでいるんですね~

仮に貯金が1億円以上あれば、今の超節電生活

を続ければ、残りの人生が40年以上だったとしても

ひとりだったら十分食べていけますよね~

年金もあるわけですしね^^

仕事を辞めたのは、ちゃんと考えた上での事だと

よく分かりました^^

スポンサードリンク

最後に

今回は稲垣えみ子さんの事が気になり記事にまとめました。

一言で、すごい人だなと思ったと同時に

50歳でセミリタイア生活なんて、

そんな生き方ができるものならやってみたいなと、

正直思いましたね~^^

気になる超節電術に関しては、番組終了後に

アップさせて貰いますね!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m

稲垣えみ子さんの超節電生活については次のページへ