門倉有希さんの驚くべき監禁の事実とは

「当時付き合っていた男性に監禁されていました」

【爆報!THE フライデー】では衝撃の事実を

門倉有希さんは告白します。

「彼氏に監禁されていました」

その彼氏とは門倉有希さんが中学3年生で受けた

オーディションで知り合います。

2016-04-15 20.13.25_R

同じ年の、その彼も歌手を目指していました。

歌手のなりたい、同じ夢をもつ2人は意気投合し

4年間文通で交流を続けられたそうです。

高校を卒業すると同時に共に上京され、

彼のアパートで同棲生活をはじめます。

2016-04-15 20.13.57_R

その彼の事を門倉有希さんはこの様に言われています。

「すごく優しかったですし、良いところも悪い所も理解しあえて

良い付き合いができるだろうなと思っていました」

2016-04-15 20.14.18_R

そして、上京してから1年経った1994年に

門倉有希さんはデビューします。

しかし、これが2人の間に亀裂を生むことになりました。

門倉有希さんデビュー曲「鴎」は新人演歌歌手としては

異例な20万枚も売れるヒット作になっています。

2016-04-15 20.15.20_R

ただ、門倉有希さんの人気が出れば出るほど

まだデビューすらままならない、彼氏の人格を

豹変させることになりました。

同じ夢を追いかけていた2人の間には大きく差が

開くいたわけですね。

その事が、「嫉妬」「束縛」に発展していきました。

そして、ある出来事をきっかけに彼氏が一線を超えて

しまいます。

門倉有希さんが、急なスタッフとの食事が入り彼との

約束を守らなかった事で激怒。

指輪をつけた拳で門倉有希さんの顔面を殴ります。

殴った後は、すぐに我に帰り泣いて謝ったそうです。

2016-04-15 20.18.53_R

2016-04-15 20.18.58_R

2016-04-15 20.19.00_R

しかし、門倉有希さんの仕事が増えていくにつれて

彼の嫉妬はどんどんエスカレートしていきます。

スポンサードリンク

マスコミが騒いだ「失踪事件の真実」

1994年10月1日

新人歌手が勢ぞろいする歌謡イベントの当日に

事件が起こりました。

当時、門倉さんは新人賞を確実視されていました。

門倉さんにとって、小さい頃から憧れていた夢が叶う

大切な日が、人生最悪の1日になってしまいます。

血走った目をした彼が包丁を取り出して、

門倉さんがイベントに行くことを制止します。

門倉さんへの嫉妬と束縛で既に精神が崩壊して

いた彼は、もはや正常な判断が出来なくなっていました。

その時の様子を門倉さんはこの様に言われています。

2016-04-15 20.22.40_R

2016-04-15 20.22.43_R

門倉さんのマネージャーさんが心配になって

駆けつけますが、恐怖で声も出せないし、

何をされるか分かったものではないので、

ただ、ただ、怖かったと言われていました。

監禁生活の真実とは?

食事は買いだめしたカップラーメンを与えられるのみ

仕事をしていなかった彼は24時間監視でトイレ以外

は共に行動していたので、脱出することは

不可能でした。

2016-04-15 21.58.29_R

2016-04-15 21.58.32_R

門倉さんは、逃げ出す気力も無くなってきていたと。

2016-04-15 21.58.47_R

門倉さんは、彼がトイレに入った隙に脱出することを試みます。

2016-04-15 21.59.07_R

2016-04-15 21.59.10_R

しかし、失敗。

連れ戻されてしまいます。

でも、すぐに脱出のチャンスが訪れます。

監禁6日目に彼に電話がかかってきて、

翌日の19時に待ち合わせの内容を

門倉さんは横で朦朧とした意識の中

横で聞いていました。

2016-04-15 22.00.42_R

そして、「監禁生活7日目」

このチャンスを逃したらずっと監禁生活を

送らなければならない。

しかし、恐怖が支配してすぐには行動を起こせませんでした。

でも、決死の覚悟で部屋を飛び出して遠くの

電話ボックスからお父様へ電話し無事監禁から

開放される事ができました。

そして、事情を知らないマスコミから

ものすごいバッシングを受けることになって

1ページ目の「男と逃避行」といった根も葉もない

噂話に発展していったわけですね。

本当に筆舌に代え難い壮絶な体験ですね・・・

門倉さんは、現在も何故独身なのか

その理由も分かった気がしました。