「お菓子調進所一幸庵」の店主であり、和菓子職人の水上力さんが

【情熱大陸】に出演されます。

【情熱大陸】和菓子職人が取り上げられるのは番組初です。

水上力さんが作る「作品」はとても繊細で、圧倒的な表現力があり

見るものを魅了する力を持っているそうです。

そんな、和菓子を作る水上力さんとは一体どんな方なのでしょうか?

世界的に有名なら店も繁盛しているだろうから、年収もスゴイの?

水上力さんのお店はどこにあるの?

家族はいるの?

そんな噂が気になって調べてみました^^

今回も私と一緒に一瞬で納得しましょう!

関連記事はコチラからどうぞ!

俵静夫(トド猟師)の経歴等wiki風まとめ!年収はいくら?トド料理の店の場所は?【情熱大陸】

スポンサードリンク

水上力さんのプロフィール

プロフィール

  • 水上力(みずかみ ちから)
  • 生年月日:1948年(67歳)
  • 出身地:東京
  • 職業;和菓子職人、お菓子調進所一幸庵店主

「和菓子は格闘技」

情熱大陸の番組予告で、餡と思われる練り物を激しく叩きつける

水上力さんの姿は強烈でした。

そこから作られる、水上力さんの和菓子はどれも繊細で

芸術と呼べる程の美しい和菓子です。

【乃東生(なつかれくさしょうず)】

和菓子1

出典元:http://azby.fmworld.net/

水上力さんの和菓子に対する思いはどこからきたのでしょうか?

水上力さんの経歴等wiki風まとめ① 和菓子職人になるまで

江戸菓子屋の四男として生まれた水上力さん。

上の三人のお兄様は皆和菓子職人の道を進まれたそうです。

水上力さんも自然の流れで、和菓子職人になる事決められました。

ただ、親の店を継ぐのではなく自分の和菓子を作ろうと考え、

京都の塩芳軒、名古屋の川口屋で7年程修行されて、

1977年にお菓子調進所一幸庵を開店しました。

水上力さんの和菓子作りの根幹にあるものは、

「和菓子とは、食べ手に対しての配慮を追求し、茶の美味しさを引き出すもの」

の哲学があるそうです。

「和菓子を口にして、甘さの余韻が残るうちに茶を飲むと、

茶の渋みが旨みに変化して菓子の甘みが消える。

茶がおいしいと感じたその瞬間、何を食べたのかわからなく

なるような存在が私の菓子の理想です」

・・・深いですね。

お菓子をそんな気持ちを感じながら食べた事はありませんね^^;

ただ、和菓子だからこそ、日本人だからこそこの気持ちが

分かる様な気はします。

水上力さんの経歴等WIKI風まとめ② 和菓子職人としての悩み~現在

この水上力さんの考えに、多くの和菓子職人が共感し

教えを請いにやってくるそうですよ^^

また、最近の日本の家庭では、母親が洋菓子を作ることはあっても

和菓子を作る事はほとんどない事に、

水上力さんは危機感を感じているそうです。

私の知り合いでお菓子を作る事が趣味の人がいますが、

洋菓子と比べ和菓子は手間と材料費が掛かるから

あまりやらないと言ってましたね。

水上力さんはこの現状を

「和菓子は日本にあるにもかかわらずガラパゴス化している」

と評して、和菓子の未来に危機感を感じて

和菓子をもっとアピールしなければならないと考え、

7年前に洋菓子の聖地のパリに足を運び、世界に和菓子を紹介するという

目標を決められたそうです。

現在は、水上力さんジャン・シャルル・ロシューといった有名ショコラティエと

コラボをして、和菓子をヨーロッパの展示会等でデモンストレーションを

しているそうです。

世界の美食家からも和菓子は一目置かれる存在の様です^^

これからも水上力さんの活躍から目が離せませんね。

水上力さんの年収や家族、店や情報は次のページへ