水野祐さんの年収はどれくらいなの?

水野祐さんの年収について調べてみましたが、

公開されていませんので詳しくは分かりませんでした^^:

弁護士といえば、医者やパイロットと比較される位

高給取りの職業ですよね。

年収数千万は当たり前のイメージがありますが、

実際はどうなのでしょうか?

弁護士の年収は、年々減少しているそうで、

平成26年度賃金構造基本統計調査によると

「弁護士(男性) 平均年齢 38.6歳」

平均年収は「1057万円」となっていましたね。

減少しているとはいえこの金額ですから一般的な

サラリーマンから見ればかなり高い収入ですよね^^;

水野祐さんは、本業以外に大学講師や雑誌記事へ執筆や

講演活動等の副収入もありますし、

何より業務内容が特殊なため、競合も少ないと思いますから

年収は平均よりも上ではないでしょうか。

デジタルやSNSといった分野は、今や日常に無くては為らない

ツールになっていますので、それの関わる案件は益々増えて

くるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

「シティライツ法律事務所」の仕事内容とは?

水野祐さんが運営する「シティライツ法律事務所」は

水野さんを含めメンバー3人が在籍しています。

相談に来る、クライアントは

現代美術のクリエイター、、写真家、デザイナー、Webデザイナー、

建築家、ギャラリーや美術館のアートマネージャー等様々な方から

依頼が来ます。

その依頼を、水野さんとメンバー、必要に応じて会計士または税理士

とチームを組んで業務を遂行されます。

携わった案件で、最近話題になったのは

prof650

出典元:http://www.asahipress.com/chimpom/

アーティスト集団「チンポム(Chim↑Pom)」

岡本太郎さんの巨大壁画「明日の神話」の一部に

福島原発をイメージさせる絵を設置した※として、

軽犯罪法違反の容疑で書類送検された事件を

水野さんが刑事弁護を担当し、不起訴に持ち込んだそうですね。

「法とアート」のセーフのラインが分かり辛く、グレーゾーン

が多い中この事例は、水野さんの仕事内容を世に知らしめる

きっかけにもなったそうですね。

巨大壁画「明日の神話」事件とは

「明日の神話」は縦5.5メートル、横30メートルの巨大壁画。広島・長崎・第五福竜丸の被爆をテーマに、再生する人々のたくましさを描いたとされている岡本太郎の代表作品だ。5月1日、その壁画の一部分に立てかける形で福島原発とキノコ雲が描かれた絵が貼られて騒ぎとなり、その後1日余りで撤去されたが誰の仕業なのかは謎のままだった。

それが、「チンポム(Chim↑Pom)だった事が後に判明。

引用元:http://www.fashionsnap.com/news/2011-05-18/chimpom-realtimes-311/

ちなみに、このアーティスト集団「チンポム(Chim↑Pom)」は

本当に個性的過ぎて、写真の女性エリィさんの結婚式が

「ウェディング・デモ」と称して

2014年1月に新宿の路上で披露されたことは結構有名

だったそうです。(ごめんなさい。知りませんでした^^;)

クリエイターや、アーティストはもちろんスゴイと思いますが、

そんな人達とタッグを組んで、まだまだ未整備の法の分野で

難問に取り組み結果を出している水野さんも

本当にスゴイ方ですねよね~

水野さんのインタビューで今後のクリエイターとの関わり方

についての質問に対してこの様に答えていました^^

一言で言えば、町医者的存在になれたら良いと思っています。
僕らは、クリエイティブな活動の下支え、ボトムアップがしたいという一心でこの活動を行っています。例えばボトムアップによってビジネス面からのサポートが出来れば、より日本のカルチャーが世界へ発信されやすくなっていくだろうと考えています。

引用元:http://www.keio-j.com/interview/facultyinterview/arts_and_law

今後の活躍が益々、期待できそうですね!

最後に

今回は弁護士の水野祐さんの事が気になり記事にまとめました。

予想通り、【情熱大陸】に出演されるだけあってやはり

超個性的で魅力あふれる方でしたね~

今夜放送の【情熱大陸】では、法整備が追いついていない

3Dプリント関連企業からの相談や

大手建設会社を相手取った訴訟の様子、

クリエイター向けの無料相談活動などに密着する内容に

なるそうですから、楽しみですね^^

是非チェックしてみてください!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m