先日カンブリア宮殿で紹介された、地域密着型企業の「たこ満」

「ピーターパン」に続き、地方コンビニの常識を打ち破り

大手コンビニを押しのけて快進撃を続けている、

大津屋社長小川明彦(おがわあきひこ)さんが

【カンブリア宮殿】に出演されます。

小川明彦さんとは、一体どんな方なのでしょうか?

小川明彦さんの年収や年商は幾ら位稼いでいるの?

家族や子供はいるの?何をしているの?

オレボステーション場所や評判は?

そんな、噂が気になって調べてみました^^

今回も私と一緒に一瞬で納得しましょう!

関連記事はこちらからどうぞ!

たこ満社長の平松季哲がカンブリア宮殿に出演!wiki風経歴や年収(年商)、家族も紹介!

横手和彦(ピーターパン)がカンブリア宮殿に出演!wiki風経歴や年収、ギネス挑戦も気になる?

スポンサードリンク

小川明彦さんの経歴等wiki風プロフィール

プロフィール1

出典元:http://www.orebo.jp/company/bizschool.html

  • 名前:小川明彦(おがわ あきひこ)
  • 職業:株式会社大津屋 代表取締役
  • 生年月日:1956年8月1日
  • 年齢:59歳
  • 出身地:福井県福井市
  • 学歴:慶應義塾大学商学部卒

1分で分かる小川明彦さんと、大津屋の事

  • 大津屋は1573年創業の造り酒屋。昭和30年代には「旭美人」
    という銘柄もあり、名実共に福井税務署管内でNo1であった。
    ⇒時代の波には逆らえず、小川明彦氏が事業を継いだ時には
    「普通の酒販店になっていた」
  • 1979年、大学卒業後実家の大津屋へ就職
    ⇒実家を継ぐという選択肢が無ければ、芸能プロダクションに
    入社を考えていたという
    ⇒大企業でのサラリーマンの道もあったが、
    「自分で意思決定し、実行する仕事をやりたい」という
    気持ちが強かった為、家業を継ぐことを決意したという
  • オレボの原点は将来への危機感が出発点
    ⇒家業を継いだ頃は、酒屋の将来への展望が危機的で
    当時、今のような新しい事業の展望があったわけでもなかったが、
    何もしなければ、廃業になると確信していた
  • 先見の明がある
    ⇒コンビニへ参入を決めた時、福井県では5、6年はライバルが
    いない事を知り、成功する可能性を知る
  • 成功率1%をモノにする
    ⇒リカーショップ「モンマート」の馬場貞夫氏の勉強会や
    首都圏のコンビニを実地で多くの店を見学して、
    コンビニ経営を勉強する。全て独学である。
    単独のコンビニチェーンの成功率は1%という常識を
    挑戦と捉えて、実践に移す。
    ⇒大成功し、コンビニのあり方を根底的に変えた
    第一人者として業界で有名になる
  • 地域密着、大企業がやれないことで差別化する
    ⇒大手フランチャイズの傘下に入る事を拒否して独自の道を選ぶ
    ⇒全国でどこでもやっていない、店内調理と24時間営業の
    コンビニ「オレンジBOX」を展開する
  • 現在、「オレボステーション」、「オレボキッチン」といった
    普通のコンビニの枠に入らない様な挑戦的な事業展開を常に続け、
    年商17億(2009年)、正社員、契約社員、パート・アルバイトを含め
    300人以上の規模となっている

ざっと、書きましたが、まだまだ小川明彦さんの魅力はたくさんあります!

このページには書ききれなかったので、次に続きます!

小川明彦さんのスゴイ所や、年収、家族の事については次のページへ