素潜りってやった事ありますか?

私はマリンスポーツの経験はそれほどないので、

得意ではありませんが、僅か10mも潜ったら

まるで別世界が広がりますよね~

今回紹介するのは、プロフリーダイバーの

篠宮龍三(しのみや りゅうぞう)さんです。

なんと100m以上も息継ぎ無しに素潜りをするというから、

やっぱり、クレイジーですよね^^;

一体、どんな極めビトなんでしょうね~

では、最後まで一緒にお付き合いください^^

篠宮龍三さんの気になる5つの事

  1. 篠宮龍三さんのwiki風プロフィール
  2. 篠宮龍三さん、フリーダイビングとは?
  3. 篠宮龍三さんの記録がスゴイ!
  4. 篠宮龍三さん、結婚している?
  5. 篠宮龍三さん、フリーダイバーの年収はどれ位?
スポンサードリンク

篠宮龍三さんのwiki風プロフィール

篠宮龍三

出典:http://www.excite.co.jp/

  • 名前:篠宮龍三(しのみや りゅうぞう)
  • 生年月日:1976年
  • 年齢:39歳(or40歳)
  • 出身地:埼玉県
  • 最終学歴:法政大工学部
  • 職業:プロフリーダイバー

篠宮龍三さんは、日本を代表する

ダイバー歴約20年のプロのフリーダイバーです。

水深100m以上潜れたのは、日本人と言わず

アジアで篠宮龍三さん唯一人。

スゴイ方なんですね!

篠宮龍三さんがスキューバダイビングを始めたきっかけは、

大学時代の先輩に「グランブルー」という映画を

勧められて観たとき、タンクを使用せずに100m以上潜る

フリーダイビングというスポーツに衝撃を受けた事が

始めた理由だと言ってます。

大学卒業後も、会社員として働きながら毎週の様に

伊豆の海で練習を繰り返す生活を5年続けて

2003年に水深76mの記録を出して日本一となった事で、

プロフリーダイバー一本で生きていくことを決意し、

5年勤めた会社を辞めます。

そして、その4年後の2008年にアジア人初の

水深100mに到達しました。

モチベーションがハンパないですね!

さすが、【クレイジージャーニー】に紹介されるだけ

あって、普通ではないです^^;

篠宮龍三さん、フリーダイビングとは?

篠宮龍三2

出典:http://blog.apneaworks.com/

フリーダイビングとは、簡単に言えば素潜りでどれだけ深く潜れるか

を競うスポーツです。

篠宮龍三さんによると、

プールと海に分けられます。プールでは水面にうつぶせ状態で息をこらえる「スタティック」、そしてフィンを付けて潜水する「ダイナミック・ウィズ・フィン」、フィンなしの「ダイナミック・ノーフィン」の3種目、海ではフィンを付けて脚力のみで潜行する「コンスタント・ウィズ・フィン」、フィンなしの「コンスタント・ノー・フィン」、ロープを手繰って潜行する「フリー・イマージョン」の3種目などがあります。

引用:http://fineplay.me/

フィンとは水かきの事です。

篠宮龍三さんは、海でのフィンありのコンスタント・ウィズ・フィンで

自己ベストを出しました。

水深100mの世界は、太陽の光も音も届かない場所です。

水圧は、地上の10倍にもなるというから常に死と隣り合わせです。

少しのミスが命取りになりかねない、そんな危険なフリーダイビングを

続ける理由については、

「自然が大好きで、その中では素の自分になれる」

と言っています。

また、日本人のフリーダイバー競技人口は多くないので

常にトップで走り続ける事が使命感を持って取り組めるとも

言われていますね。

海という自然が舞台で、同じ状況が全く無く刻一刻と常に

状況が変化していく中で、自分の限界の挑戦する

篠宮龍三さんの生き様はカッコ良すぎですね!

篠宮龍三さんの記録がスゴイ!

篠宮龍三さんの自己ベストは、

コンスタント・ウィズ・フィンで水深115mに到達しました!

もちろん、アジアでは篠宮龍三さん唯1人です。

これまでで、通算37勝を上げています。

世界記録は、なんと128mというから世界の壁はあついですね~

でも、110mを超えたダイバーは篠宮龍三さん含め

世界に7人しかいないといいますから、どれだけスゴイかがわかります。

出典:https://youtu.be/wYKlS6BQ6nw

潜水時間は約3分程。

普通の人なら、3分間息を止めるだけでもキツイのに

海に潜る訳ですからね。

どれだけ、平常心を保っていけるかが成否の分かれ目といいます。

「貪欲」「向上心」「挑戦」「恐怖」「焦り」「後悔」

このような感情をどれだけコントロールできるか。

篠宮龍三さんはこの様に言っています。

「最も大切なのは、自分の限界を冷静に見極める判断力なのです」

クレイバーで無ければ、途中で命を落としていたでしょうし

これだけ勝ち続ける事もできなかったですよね。

篠宮龍三さんの結婚した妻や年収については次のページへ