「日本を元気にする、夢を届けます」

のキャッチフレーズで11年半に渡り長く視聴者に

愛され続け、「情熱をもって仕事をしている」人達を

分かり易く紹介してきた【夢の扉+】が3月27日放送分をもって、

最終回となります。

その最終回を締めくくるのは、清水建設技術者の白枝哲次さん。

「世界初!海に浮かぶ風力発電所」として、2013年11月17日に

放送された分の続編の内容になる様です。

そんな、白枝哲次さんについて

大学はどこなの?どんな経歴の持ち主なの?

海に浮かぶ巨大風力発電所って何なの?

そして、最終回で放送される番組を見て生まれた夢についても

紹介させて貰いますね!

では、今回も私と一緒に一瞬で納得しましょう!

関連記事はこちらからどうぞ!

荏原充宏(新素材の研究者)のガン治療をwiki風に!スマートポリマーと結婚や子供、大学は?【夢の扉】

スポンサードリンク

白枝哲次さんの経歴等、wiki風プロフィール

プロフィール

出典元:http://www.meti.go.jp/

  • 名前:白枝哲次(しろえだ てつじ)
  • 職業:清水建設 技術者
  • 生年月日:1968年(推定)
  • 年齢:48歳
  • 出身地:不明
  • 最終学歴:東京大学大学院工学系研究科船舶海洋工学科修士課程
    (1993年卒業)

白枝哲次さんは一般の方ですから、個人情報の事もありますので

詳細は不明でした。

大学では船舶海洋工学について研究されています。

東京大学の付属研究所の東京大学生産技術研究所の

木下研究室のメンバーリストに白枝哲次さんの名前が載っていました。

研究論文もありましたので、OGですね。

木下研究室で2年間みっちりと、今のお仕事の基礎となる

海の中で建造物を作るとはどういう事か、波から受ける影響には

一体何があるのかといった学問を学ばれてたのだと思いますね。

1993年卒業後は、清水建設に入社。

1998年から海洋工事に従事されて、

2006年から風力発電設備建設工事の仕事をされていますね。

清水建設での現在のポジションは、

エンジニアリング事業本部 新エネルギーエンジニアリング事業部 課長

となっています。

洋上風力発電の功労者であり、第一人者でもありますから

「WIND EXPO 風力発電展」といった、技術展覧会のセミナー講師と

しても活躍されているようですね^^

結婚奥さん子供さんがいるとか、年収はどれくらあるかといった

情報は分かりませんでした^^;

世界初!海の上の巨大風力発電プロジェクトとは?

風力

出典元:http://www.tbs.co.jp/

このプロジェクトが始まったのは、今から5年前。

2011年の東日本大震災を受けて、前々から原発では無い

再生エネルギーの普及に注目していた福島県からの

強い希望があった事がきっかけになっています。

その声に答えたのは、日本国内の企業である「日立」「三菱重工」

といった、名だたる大企業と名門東京大学。

まさにオールジャパンの技術が福島に集結し新たなエネルギー

拠点作りが始まりました。

そのプロジェクトリーダーが前回放送で紹介された、

福田知史(ふくだともふみ)さんです。

風力1

出典元:http://www.tbs.co.jp/

福田知史さんは世界中で電力事業に携わった大ベテランの

商社マンです。

プロジェクト開始時は、難題、難問の山積みだったそうです。

いくら日本の技術力が世界一レベルとは言っても、

何しろ海の上に風力発電所をしかも2基も作るという壮大な計画

ですから、最初から上手くいくはずはありませんでした。

  • 揺れる変電所
  • 海中に係留するための巨大チェーンの製造
  • 送電するのに必要な海底ケーブルの施設

と、“世界初”づくし。

白枝哲次さんも海外の風力発電産業関係者から

「本気でやるつもりなのか」と驚かれたそうです。

そして、立ちはだかった最大の難関は、計画への了解が不可欠な

地元漁業関係者との交渉でした。

これらの難題をひとつひとつ解決していった福田知史さんは

無事プロジェクトを軌道に乗せることに成功しました^^

福田知史さんは夢の扉の鍵で、こう言われていました。

「相手に信用してもらう近道は相手を好きになること」

福田さんは何度も福島に通い、思いを伝えました。

「福島の海が素晴らしい」「ここでどうしてもやりたい」

その熱い思いがプロジェクトを成功させた鍵といっても

言い過ぎではないですよね^^

白枝哲次さんはエンジニアとして、洋上の巨大風車の実現に向けて

格闘される訳ですが、その内容は今夜放送までお待ちくださいm(__)m

海の上の巨大風力発電所についてもっと詳しくおしえて!

2016年現在まで、洋上の風力発電所は計2基建造されています。

【ふくしま未来】 【ふくしま絆】
未来 絆
出典元:http://www.marubeni.co.jp/ 出典元:http://www.marubeni.co.jp/

第一期実証研究(2013年夏に施行)

  • 2MW風車:「ふくしま未来」
    ⇒全高122m。風車のブレード(翼)の直径は80m
    ⇒年間発電量は600万KW強。一般家庭1,700世帯分の電力使用量に相当
    ⇒2MW風車は運用中の風車としては世界最大級で、浮体式で事業化
    されたものはまだないという(2013年当時)
  • 変電所:「ふくしま絆」
    ⇒水面上は60m、水面下は50m、合わせて110m

【ふくしま新風】

最大

出典元:http://blogs.yahoo.co.jp/

第二期実証研究(2014年に施行)

  • 7MW風車:「ふくしま新風」
    ⇒全高は200m、ブレードの直径は実に160m。世界最大。
    ⇒年間発電量は7M(メガ)※W。一般家庭6,000世帯分の電力使用量に相当※M(メガ)は100万の単位。

この巨大な、風車と変電所を係留を海底のアンカーに

係留するのは、直径が132mmもなる巨大なチェーン。

チェーンの輪一個当たりの重さはなんと200キログラムもあるそうです!

「ふくしま未来」と「ふくしま絆」を海中に係留する為に必要な

長さは800メートル以上にもなったそうですから驚きですね~

写真を見たらいかに大きいかが分かりますね^^;

鎖

出典元:http://www.marubeni.co.jp/

まさに、さまざまな日本のものづくりの技術が、

この国家的プロジェクトにはつぎ込まれている事が分かりますね!

最終回特集の「夢から生まれた夢」は次のページへ