北海道の宗谷岬から北西に位置する礼文島で長年漁師を

続けているトド猟師の俵静夫さんが情熱大陸で紹介されます。

高齢にも関わらず、現役で活躍されている

俵静夫さんとは一体どんな極めビトなのでしょうか?

トド猟の報酬はいくらで、年収や収入はどれくらい?

トド料理が食べられる店や場所はどこ?

そんな噂が気になって調べてみました^^

最後まで一緒にお付き合いください^^

※7/17放送の情熱大陸に俵静夫さんが再出演されます。
今回は夏の礼文島での、俵静夫さんの仕事に密着する内容になる様です。
番組終了後、記事最後に追記します。

スポンサードリンク

俵静夫さんのプロフィール

プロフィール

出典元:http://www.mbs.jp/

  • 名前   俵静夫(たわら しずお)
  • 生年月日 1935年
  • 出身地   北海道

プロフィール情報が殆どない俵静夫さん

今年で81歳になる現役の漁師さんですね。

そして、なんとトド猟歴51年の大ベテランで

トドを狩らせたら俵静夫さんの右に出るものが

いないと言われる位スゴ腕のハンターです。

普通ならとっくに引退していてのおかしくない年齢ですが

何が俵静夫さんのモチベーションになっているのでしょうね。

俵静夫さんのwiki風経歴

俵静夫さんは9人兄弟の長男として生まれました。

9人兄弟って今の感覚からすれば多いですよね。

当時は兄弟が何人もいるのが当たり前な時代でしたから

俵静夫さんから言わせてみれば、もっと頑張れとなるかもですね^^;

お父様が漁師をされていたので、ごく自然に俵静夫さんも

漁師になり、18歳の時に自分の船を買って独立されたそうです。

そして、29歳の時にお父様の影響でトド猟を始められました。

トド猟は礼文島に伝わる伝統的な猟で、

なんと3000年も前からされていたそうです。

3000年前の日本といえば、縄文時代とか弥生時代の頃ですよね。

当時は弓を使っていたのでしょうか?

それとも接近して銛(もり)で狙ったでしょうか?

その頃から、礼文島の人達の大事な食料だったのですね^^

トドの漁業被害とは

トドは、オスで体長約3m、体重約1トン、メスで約2.5、体重約400kg

もあるアシカ科の最大の種になります。

身体が大きい分食べる量も半端なくて、ニシンやタラ等の魚を捕食したり、

網等の漁具を破壊したりと漁業被害の影響が大きく昨年は17億円もの

被害にあったそうです。(平成元年に比べて4倍以上も)

また、トドは頭がいいらしく、大好物のタラの白子やタコを狙って

網を引き上げてきた時に、網を食い破り白子のみを

食べるそうですね。

学習能力もあるらしく、魚をたくさん取る船を狙って来るそうです

から本当にやっかいですね^^;

その度に対策を立てるそうですが、何十年もトドとの知恵比べ

に負けているそうです。

なんとかならないものでしょうか。

俵静夫さんの年収や、トド料理が食べられる店の紹介は次のページへ