2016年も残す所、一か月。

早いものですね~

クリスマスも近づいてきましたよね!

そんな、クリスマスにピッタリなのは

神秘的で幻想的な音楽♪

パイプオルガンの曲なんてまさにぴったりですよね~

今回紹介する極めビトは若干28歳で世界のオルガニストに

仲間入りした、冨田一樹(とみた かずき)さんです。

一見すると、好青年にしか見えないですが

一体どんな方なんでしょうね!

気になる収入や、プライベートの事などなど調べてみました^^

では、最後まで一緒にお付き合いください^^

冨田一樹さんの気になる4つの事

  1. 冨田一樹さんのwiki風プロフィール(記事1ページ)
  2. 冨田一樹さんの留学先の大学と費用がハンパない!(記事1ページ)
  3. 冨田一樹さん、年収はどれくらい?(記事2ページ)
  4. 冨田一樹さん、彼女はいる?結婚は?(記事2ページ)
スポンサードリンク

冨田一樹さんのwikiプロフィール

%e5%86%a8%e7%94%b0%e4%b8%80%e6%a8%b9

出典:http://www.bing.com/

  • 名前:冨田一樹(とみた かずき)
  • 生年月日:1989年
  • 年齢:28歳(執筆時)
  • 出身地:大阪府摂津市
  • 最終学歴:リューベック音楽大学(在学中)
  • 職業:オルガニスト

今年7月、ドイツのライプツィヒで開かれた
世界のオルガンコンクールの最高峰、
「国際バッハコンクール」オルガン部門で
並居る世界の強豪を抑え日本人が
初優勝したニュースは
世界のクラシック界に驚きを与えた。
引用:http://mainichi.jp/

このニューストピックが目に飛び込んできた時、

バッハ好きで、クラシックが大好きな私は、

一体誰なのか調べてみたら

冨田一樹さんがヒット。

しかも、同郷じゃないですか!

今住んでいる所は、冨田一樹さん出身地の隣の市ですし

出身高校が、大阪府立山田高校というから卒業生の

友人はいっぱいいるしで一気に親近感が湧きましたね~

冨田一樹さんは小さい頃からお母様の影響で

クラシック音楽に親しみ、手ほどきを受けながら

音楽を覚えていったそうです。

ゲーム好き?かどうかはわかりませんでしたが

ゲーム音楽大好きで、自分でも作曲する位

ハマっているそうです。

メンターは「FF12」「伝説のオウガバトル」の音楽を

作曲した崎元仁さんだと言っています^^

癒されますね~^^

冨田一樹さん作曲のゲームイメージ曲です。

オウガバトルチックな印象を受けました(ってわかりますか?w)

確かにRPGのゲーム音楽はドラクエが代表的ですが

クラシック調が多いですよね。

冨田一樹さんは、そんな音楽を身近に触れる環境に

いたからこそ、もちろん勉強も努力も人一倍してきたのは

言うまでもないですが、世界の栄誉あるコンクールで

優勝できたのではと思いますね!

冨田一樹さんの留学先の大学と費用がハンパない!

冨田一樹さんは、大学は大阪音楽大学に進学。

「パイプオルガン専攻」を主席で卒業。

大学入学時から、既に将来を見据えた

目的意識が高い事が伺えます。

卒業後は、ドイツの名門

「リューベック音楽大学」でバロック音楽を学んで

今現在も留学中です。

・・と、サラッと書けばプロフィールおしまいですが、

そもそも、何故ドイツなの?や留学出来る時点で

お金持ちだから自分には関係無いと普通思いますよね?

少し調べてみた所、驚くべき事実が!

  • ドイツには音楽大学が25校あり、全て国立(州立)
  • 学費は無料(入学金、試験料含む
  • 施設利用料無料
  • プライベートレッスンは学生価格
  • 講師陣は超一流
  • 生活費は格安

他にも、日本で言う各市内で使える公共フリーパス的な

学生専用のゼメスターチケットがあり、破格の値段で購入できます。

学費が無料ってすごくないですか!?

日本の私立の音大だと約1000万円位掛かる訳ですからね。

講師陣もベルリンフィル他大きなオーケストラ所属の

人が現役で教えているそうです。

プライベートレッスンも気軽に受けれて、

お金を受け取らないか、食事をご馳走するとかで

OKとの事。

生活費は、ヨーロッパだし高そうなイメージですが

家賃は東京の半額以下、生活用品、食品も

かなり安いです。(友人談)

以上、繰り返します。

学費無料、勉強にかかる費用無料、生活費格安、講師は一流

これは、皆ドイツに留学する訳です!

もちろん、誰でもでは無く将来有望なエリートしか

入学できないと思いますが、見返りがハンパないですね~^^;

税金の使い方が日本とは根本的に違う事が

実感できました・・

冨田一樹さんの年収や彼女、結婚については次のページへ